BMIを計算してみましょう

ダイエットで痩せることは必要に応じて、正しい方法で行うことがとても重要です。

体重を今より減らしたいという気持ちだけで無理なダイエットをして、健康を害してしまっては意味がありません。

生理が不順になったり、止まってしまったり、心身のバランスを崩して摂食障害を起こすことさえあります。肥満体型のために健康に支障が出てしまうような人は、医学的に見てもダイエットが必要です。

自分が肥満体型かどうかは、BMIを計算して標準値と比較してみればわかります。

体重÷(身長×身長)の結果がBMIです。この数値が25以上になると、医学的には肥満とみなされます。

肥満の度合は程度によって4段階に分類されています。25以上が肥満と考えた時に30、35、40で区切られ、それぞれが肥満度1〜4と数えます。

肥満体型は、標準体型に比較すると病気にかかりやすいとされていて健康的ではありません。そのため、肥満体型の人は健康のために痩せるよう、医師などから指導されるのです。

日頃からほとんど体を動かしていない人、食べ過ぎることが多い人が肥満になりやすいようです。

肥満が進むと心臓や血管に負担をかけ、糖尿病や高血圧などになるリスクが高くなることも、医学的にすでに実証されています。

医学上の観点からも、肥満の人は積極的にダイエットをして、できるだけ標準体重まで痩せることで健康を維持することができます。

健康な状態をキープするために痩せることこそが、ダイエットの本来の姿と言ってよいでしょう。