体への負担も考えましょう

体重を減少させるために無理なダイエットをするのは、体に負担がかかるのであまりおすすめはできません。

人は成長期を過ぎ、ある程度の年齢になると、身長も体重もほとんど変わらなくなり自分の体の大きさが決まってきます。

身長と違って体重は、食生活などの影響を受けやすく、時には増加したり減少したりします。

一般的には、身長に対しての標準体重というものがあるので、それらを参考にして、常に自分の適性体重を維持しておくことで健康の維持にも役立ちます。

適正体重をオーバーしている時は、体重を効率的に減少させるためにダイエットをすることも大事です。

ダイエットの内容によっては、あっという間に体重を減らすというものがありますが、短期間の急激なダイエットはリバウンドの原因にもなります。

どんなに痩せたいと思っていても、一般に、1か月に2キロ以上は体重を減少させないほうがいいと言われています。

また、ダイエットをしようと意識していなくても、体調不良などの体の状態によって体重が減少するケースもあります。

体調不良の例としては、胃や腸に炎症が起きている時や、なかなか治まらない下痢になった時などに起きることがあるようです。

しかしこれは、一過性のことです。病気が原因で減少した体重は、体調が回復するとともに元の適性な体重に戻ります。

人の体は、体重の増加や減少が安易に発生しないよう、細かにバランスが取られているのです。