デメリットにも注意しましょう

体重を減らすことによって生じるものは、いいことばかりではなく、デメリットもあるので注意が必要です。

確かに、体重を減らすことで、健康状態が改善したりプロポーションが良くなったりという面はあります。

しかし、急激に体重を減らすことによるデメリットにも注意しなければなりません。食事を少なくすることで体重を減らすとどのような不具合があるものなのでしょうか。

摂取するエネルギーより、使うエネルギーの方が多ければ、体内に貯め込まれるエネルギーは少なくなります。

理屈上では、確かにカロリーをコントロールすることで体重を減らすことができます。ですが、理屈が合うからといって、実際に起きるとはいえません。

体重を減らすことを第一に考えるのであれば、まずはカロリーを制限すべきですが、ただ単にカロリーを制限するだけでは生命維持に必要な栄養素まで不足してしまうことがあります。

食べる量を少なくすれば体重は減らすことができますので、ただ体重を減らすには食事の量だけが焦点になります。

健康的に痩せられるダイエットをするなら、体内に蓄積されている体脂肪をエネルギーに変えて消費することを目指しましょう。

体脂肪だけを減らすことができればいいのですが、食事をしないで体重を減らすと、結果的に筋肉や血液など体が必要とする大事な部分も減ってしまうことがあります。

体重を減らすことだけに固執せず、健康面にも十分に注意しましょう。