食べる量とエネルギーの関係

リバウンドがどういった仕組みになっているのかを理解するために、知っておく必要がある大事なことは体の基礎代謝についてです。

寝ていても消費する基礎代謝というのは、人間が1日に消費するエネルギーのことを指しています。この基礎代謝の変化は筋肉の量によって決まります。

普段からよく運動したり、体を動かしたりして筋肉がある程度ついている人は、ほとんど体を動かさない人に比べて基礎代謝は高いといわれています。

ダイエットする時に、運動はあまりせずに低カロリーのものばかり食べ続けると基礎代謝が下がるように人間の体はなっています。

食物から栄養のあるものを与えられないようになると人間の体は緊急事態と認識し、エネルギーを体に溜め込もうとする働きがあるのです。

体がそのエネルギーを維持しようとする、体の自然な働きのことをリバウンドというので、これがリバウンドの仕組みの基礎となるものだといえるでしょう。

特にリバウンドというのは、ダイエットを終えて、食生活などを普通に戻したときに起こります。それまでに不足していたエネルギーを体内に急激に取り込もうとするためで、今まで飢餓状態だった体が栄養を欲しているのです。

ですので、リバウンドはほとんどの人に自然に起きるものなのです。このようなことがよく起きるのは、単品ダイエットや、半絶食などの食事制限をした場合です。

リバウンドはダイエット方法の中でも、食べる量や、食べ物の種類を極端に少なくしているものによくあります。

リバウンドをしないためには仕組みを理解して、短期間で単品のみを食べるような無理なダイエットは避けたほうがよいでしょう。