食事制限が終わった後こそ気をつけましょう

置き換えダイエットの一番大きいデメリットはリバウンドをしやすいことです。

たくさんあるダイエット方法の中でも食事による摂取カロリーを抑える方法が中心となるのが置き換えダイエットなのです。

毎日の食事を減らすことがダイエットには最も効果があるのですが、気をつけたいのはそれによりカロリーを蓄積しやすい体になってしまうことです。

食事制限によるダイエットの直後に、今までどおりの食事をすると大変です。急激に体がエネルギーをためてしまい、それが脂肪に変化することで体重が増加します。

置き換えダイエットの場合でも、目標の体重を達成したからと元どおりの食事に戻したら、それが原因で体重が戻ってしまうというケースがあるようです。

急激に体重を減少させないようにすることが、置き換えダイエットでのリバウンドを防止するためには重要です。身体への負担は、急激に減った体重の分と同等なのです。

実はリバウンドしやすい体質に変化しただけで、ダイエットに成功しているように見えてもそうではないことがあります。

急激なダイエットではなく、1か月に1〜2キロを目安に少しずつ体重を減らしていくことが置き換えダイエット時のリバウンドの回避策になります。

大切なのはゆるやかに続けることです。置き換えダイエットが終わった後も、大食いや高カロリーな食事は控え、栄養バランスのいい低カロリーの食事を続けたいものです。