食事を置き換える

1日にとる3食のうちの1食を一つの食品や飲料、ダイエット用食品に置き換えるのが、置き換えダイエットというものです。その目的は1日に摂るカロリー量を減らすことです。

どんな人でも簡単に行うことができるダイエット方法だといえるかもしれません。

キャベツダイエット、こんにゃくダイエット、りんごダイエットなど、置き換えダイエットの中でも人気があったのが、簡単に手に入る食べ物を使った方法です。

置き換えダイエット用に開発されたダイエット食品も販売されています。低カロリーでも満足感を得やすいような、パスタやヌードルなどのメニューもあるそうです。

最近では、クッキーやゼリータイプなどのダイエット食品も人気があります。

置き換えダイエットが効果的なのは、いつもたくさんカロリーを摂っている人や、間食をよくする人、1回の食事をたくさん食べる人などです。

このダイエット方法では、カロリーの摂取量を少なくしてダイエットを短期間ですることは可能ですが、そこから体型を保ち続けるのが簡単ではないといえるでしょう。

つまり、置き換えダイエットというのは、ダイエットを食事制限によってするということなのです。手間はかからないので、手軽に体重を減らせますが、リバウンドの危険性が高い方法でもあります。

置き換えダイエットは、1回の食事をカロリーを抑えたものを交代させるだけで実践することができます。

リバウンドを防ぐためには、適度な運動や生活習慣の見直しなどを置き換えダイエットと組み合わせて行う必要があるでしょう。