ぽっこりお腹をなんとかしたい

ぽっこりと突き出た下腹を引き締めたいという人は、内臓脂肪を減らすダイエットを実践する必要があります。何をすれば、下腹の出っぱりを引っこめ、内臓脂肪を燃焼させることができるでしょう。

内臓脂肪を減らすための手段とは、内臓脂肪をエネルギーとして使ってしまうことです。

内臓脂肪を計測できる体重計のある人はぜひ測ってみましょう。体重は標準でも内臓脂肪は多いという方もいるのではないでしょうか。

内臓脂肪を効率的に燃焼させるためには、腰のツイスト運動が適しています。

ゆっくりとウエストをねじる運動を行うことによってポッコリ下腹の原因である内臓脂肪を燃焼することができます。

まず、あお向けになって足を揃え、両手で頭を支えます。そのまま上半身を静かに上げていってください。

足が揃った状態を維持しながら、静かに息を吐いて体を左45度に倒し、再び最初の姿勢に足を戻すようにしてください。

左と右、それぞれ五度ずつを1セットとします。腹筋を使う運動ですが、きついと感じる方は、あお向けの姿勢のまま行ってください。

ウエストをねじるだけの運動ですが、毎日コツコツと続けることで内臓脂肪を燃焼させることができます。

下腹部の脂肪が気になるという人は、体全体を使った運動より、ウエスト周りの運動が効率的というものです。

ぽっこりお腹が気になる人は全身のダイエットの前に内臓脂肪をまず減らすように心がけましょう。