昔と今ではどう違うのでしょうか

戦前と戦後で大きく変化しているのが、日本人の平均体型というものです。

 

男性が165センチ、女性が153.2センチというのが、1945年の平均身長です。1995年になると男性171.1センチ、女性158.4センチと5センチ以上も伸びています。

 

考えられるのは、たかだか50年で人間の遺伝子は変化するわけではありませんので、他の原因が関係しているということです。

 

ホルモンバランスや栄養状態で、個人の身長は異なるものです。様々な原因が複合しているものとされているのが、集団の平均体型の変化です。

 

平均体重も男女ともに増えています。男性の体格は肥満化の傾向が、女性の体格はスリム化の傾向が見られます。

 

BMIの推移を男女別、年齢別に見た場合、身長は伸びていますが体重は横ばいとなっています。日本人の体型は江戸時代から明治末期にかけて最も低いようです。

 

弥生時代から縄文時代にかけては平均身長が大幅に伸びていたようです。過去に遡るほど身長が低いというものでもないということです。

 

その要因については諸説あるそうです。

 

狩猟採集経済から農耕に変わったことで、主食がコメになったことや、弥生時代の日本人は大陸から渡来してきた民族であったことが影響しているのではといわれています。

 

頭打ちが近づいているのが平均体型の変化で、これからの平均体型については、平均身長の伸びは止まりつつあるといわれているのです。