カルシウムと睡眠は不可欠

平均身長と体型の関係はどうなっているのでしょうか。

 

人がまっすぐ立った時の地面から頭のてっぺんまでの高さが、体型を形成する要素の一つである身長というものです。

 

平均身長は、地域や民族によってずいぶんと違いがあるようです。時代の変化によっても異なってくるのが、平均身長というものです。

 

日本人の昭和中期の体型と比べると、10センチ近くも伸びているのが平成の日本人の平均身長です。どう成長ホルモンが分泌するかによって、身長は変化するそうです。

 

しっかり栄養を摂取し、頑丈な骨とそれを支える筋肉を十分な運動をして作ることが、身長を平均以上にするには不可欠です。

 

運動は成長ホルモンの活動を促し、しっかりした体型をつくり骨の成長を促進します。新しい骨を作れる体にまずすることが大切であり、身長の伸びとは骨の伸びだといえます。

 

たくさん摂取したほうが良いのが、カルシウムミネラルです。ミネラルは海草類、カルシウムは乳製品にたくさん含まれています。

 

身長を平均以上に伸ばしたい場合に鍵となるものは、睡眠です。成長ホルモンは、夜、寝ている間に最も活発に活動します。

 

体型や身長の伸びに影響を与えるのは、睡眠時間が不足気味だったり不規則だったりすることで、成長ホルモンの分泌がうまくいかなくなります。

 

人間の体型がどのような仕組みで平均的に決まっているかはまだ諸説があり、はっきりしたメカニズムは解明されていません。