どのように半身浴をしたらいいのでしょうか

最近は、ダイエットのために半身浴をする人が増えています。代謝を高めることができる半身浴は、どんなやり方をすれば効果的なのでしょうか。

適切な半身浴をすれば、全身でお湯につかるよりも体に負担がかかりません。体に無理をしないためにも、適切な半身浴の方法を理解しましょう。

お湯の温度としては、大体38度から40度くらいのぬるいと感じる程度の温度が適しています。

長めにお湯につかることを前提とした半身浴では、お湯が熱すぎると湯あたりして、のぼせてしまうことがあります。

長時間、お湯につかっているうちに、お湯の温度が下がってしまう場合もあります。途中でお湯を足したり、追い炊きをして温度を保つようにしましょう。

お湯の量は、バスタブに入った時にみぞおちくらいまでお湯の高さがある程度が半身浴での目安になります。

お湯の量が多すぎると、心臓に負担がかかってしまいますので要注意です。

半身浴ダイエットに効果的な入浴時間は20分以上だといいます。体がしっかり温まれば、どんとん汗が出てきます。

大量の汗をかくので、脱水症状を起こさないよう、必要に応じて十分に水分を摂取できるようにしておきましょう。

半身浴をする時に、ミネラルウォーターなどをお風呂にに持ち込んで用意しておきましょう。

半身浴の場合、当然ながら上半身はお湯につかっていません。冬場などは寒いと感じることもあるかもしれません。

その場合は、事前に浴室を暖めておいたり、浴槽の蓋をあけて蒸気を室内に回しておくなどの準備が大事です。半身浴ダイエットは正しい方法で行いましょう。