量より質を重視

痩せるために食べ物の量を減らすことでカロリー摂取量の制限をする方が多いでしょう。

その一方で、三食の食事を規則正しくきちんととり、健康のために必要な栄養を食べ物から毎日しっかり摂取するほうが、食事を減らすよりも痩せられるという方もいます。

確かに、痩せるために食べる量を減らすことは理に叶っています。しかし、ダイエットとして食べ物を食べない状態を継続していると、痩せることが難しい体になる可能性があります。

食べ物を取り入れる量を抑えていると、人間の体はカロリーが足りなくなり、代謝の少ない状態になります。

できるだけ消費するカロリーを少なくし、貯め込もうとします。つまり、脂肪をエネルギーとして消費しないようになるのです。

体脂肪の消費を抑え、摂取した食べ物を可能な限りたくさん脂肪に変えて、体に蓄えようとします。

体脂肪の消費が一度、抑え込まれると、再び消費しやすい体にするのには難しいものがあります。痩せるためには、過剰なカロリー摂取をしないことはとても重要です。

カロリーの消費効率を向上させることも、痩せるためには必要です。

晩ご飯以後はエネルギーを大幅に使うことはない以上、夕食の量を控え、夕食や朝食をきちんと摂取することが、痩せる食べ物の食べ方といえます。