肉や油の多いものは避けましょう

コレステロールが高い人は食事の内容を見直す必要があると言われています。LDLコレステロールとHDLコレステロールという2種類のコレステロールがあります。

 

2つを合わせた総コレステロール値もあります。何のコレステロール値が標準よりも高いのか、よく見極めることが大切です。

 

LDLコレステロールは、悪玉コレステロールという名称でも呼ばれているようです。多すぎる人は、食事制限によって調整する必要があります。

 

低タンパク高脂質であることが、LDLコレステロールの特徴的なところだといいます。

 

動脈硬化、心筋梗塞といった重篤な疾患の背景には、血液中のLDLコレステロールが蓄積されすぎている場合もあるようです。

 

肉類や、油をたっぷり含む食事を日常的にしていると、悪玉コレステロールが増加しがちです。

 

野菜より肉を多く摂取しているという人は、血液中のコレステロール量を気をつけましょう。

 

血液中に存在しているコレステロールが善玉ならば、健康状態を悪化させる原因にはなりません。心筋梗塞や動脈硬化の予防効果が、善玉コレステロールにはあるともいいます。

 

健康や美容を意識した食生活をしたいならば、善玉コレステロールの多いオリーブオイルや背の青い魚を食事に組み込みましょう。